VENUSの導入実例 Case Study

日建レンタコム株式会社のケース

案件のポイントPoint

  • メインフレームからオープンシステム環境への移行

    VENUSのLegacy To Openのマイグレーションでは、多くのメインフレーム環境に対応しており、多くのお客様にご利用頂いた実績があります。

  • メインフレーム資産を活かした移行が可能

    YPS言語で生成されたCOBOLソースプログラムを.NETのフレームワークで稼働するCOBOLソースに自動変換出来るため、メインフレーム資産を活かした移行が可能です。

  • 入念な現新比較テスト

    マイグレーションを機に、全ての既存プログラムの精査を希望された為、念入りな現新比較テストを5ヶ月間かけて実施致しました。

  • 柔軟性、利便性の向上に貢献

    オープンシステム環境への移行に伴い、メインフレームの制約がなくなり、システム連携等にも柔軟に対応可能な環境の構築に貢献致しました。

  • 背景

    基幹システムをメインフレームで稼動されていましたが、他社様とのシステム連携の対応が困難なことや、
    システムコストの高まり、パフォーマンス低下等の課題を解決される為に、
    オープンシステム環境への移行をご検討されたところ、ビーナスでのマイグレーションを選んで頂きました。

  • スケジュール

    2015年5月にサービスインしています。

  • 案件規模

    COBOL 3,759本、9,019,710ステップ
    オンライン画面(PSAM) 982本、85,476行
    JCL 1,986本、311,853行
    データベース 408テーブル
    一般ファイル 24,219ファイル(VT/LTO含む)
  • 構成

    移行環境
      旧システム 新システム
    コンピュータ メインフレーム IAサーバー
    Web×4台 Batch×1台 DB×1台
    CPU(クロックなど) GS21 1400/10N Xeon 2.5GHz 6コア Xeon 2.5GHz 15コア Xeon 2.5GHz 15コア
    メモリ 1.5GB 64GB 64GB 128GB
    DASD 710.6GB 11TB
    OS OS IV/MSP GSS21i Microsoft Windows Server 2012 R2
    Microsoft .NET Framework 4.5
    トランザクション制御 AIM/DC AppFabric
    オンライン制御 ACP IIS
    データベース Symfoware/RDB Microsoft SQL Server 2012
    プログラム言語 YPS/COBOL Micro Focus Visual COBOL
    Micro Focus COBOL Server
  • 新環境構成図

ページの先頭へ

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルヂング南館10階
TEL 03-3214-8300