VENUSの導入実例 Case Study

大日本住友製薬株式会社のケース

  • プロジェクトの目的と方針


    ・情報系システムで稼動しているACOS-4を2006年末までに撤去し、維持・運用費用の削減をはかる事を目的とした。

    ・システム移行期間の短期化を優先するため、ストレート・コンバージョン方式を採用した。

    ・移行言語としては、今後の技術者確保などの面も加味し、Javaを採用した。

    ・移行期間:7ヶ月(2006年10月本番稼動)


    ■移行スケジュール
      移行前 移行後
    Hard Ware PX7800/22 Express5800/120Rh-2 Xeon3.2GHz X 2
    OS ACOS-4 Windows
    DC VIS、SAS、EPL WebSphere、
    フレームワーク
    制御言語 JCL 約500本 DOS-Batch
    言語 COBOL/S 約600本 Java
    IDL2
    HPL
    画面定義体 DDA/SCREEN(MFD) 約100本 JSP
    SAS
    EPL
    帳票 DDA/FORM、NL2 約50本 ImageWare
    DBMS File ADBS 約20本 SQL-Server (JDBC接続)
    VSAS 約50本
    RIQS 約100本
    SEQ 約200本 テキスト


    ※ 最大接続端末台数:2500台、最大同時アクセス数:150ユーザー

      最大帳票出力数:300,000Page/日

  • 環境概略

    ■移行前
    ■移行後

  • 接続端末台数 :2500台

    同時アクセス数:150User

  • プロジェクト過程/結果

    ■過程

    ・ネットワーク型DBMS(ADBS)を使用していたが、Windowsプラットフォーム+SQL-Server+Javaで実装し、
     現行(ACOS-4)処理速度と同等性能を引き出すことができた。

    ・JOBの多重度が7多重など複数JOBが同時実行される環境であったが、現行(ACOS-4)処理と同等処理速度と
     なるように処理をチューニングした。


    ■結果

    ・住友化学システムサービス株式会社がプライムコンストラクターとし複数ベンダーを取りまとめ、
     当初の計画通り、2006年11月末までに移行を完了し、2006年末にACOS-4を完全撤去し、維持・運用費用を
     削減できた。

    ・本番サービスイン後、発生した障害件数が、非常に少なかった。

  • お客様概要(2017年8月時点)

    社名 大日本住友製薬株式会社
    本社 大阪本社:大阪市中央区道修町2-6-8
    東京本社:東京都中央区京橋1-13-1
    設立 1897年5月14日
    資本金 224億円
    従業員数 6,563名(連結)
    事業内容 医療用医薬品、食品素材・食品添加物、動物用医薬品、診断薬等の製造および販売
ページの先頭へ

〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-7-1 有楽町電気ビルヂング南館10階
TEL 03-3214-8300